病気と向き合って双極性障害を克服しよう

病気を知る

顔を手で覆う男性

「双極性障害」とは一体どのような病気なのでしょうか。ここでは、双極性障害の種類を紹介しつつ、それらの特徴をまとめています。定期的に検査を受けながら、双極性障害に立ち向かいましょう。

» 詳細を確認する

うつ病は病気です

頭を抱える男性

病気の一種

「うつ病はそのままにしておけば治る」と思っている人は多いのではないでしょうか。しかし、実際はそのようなことはなく、うつ病は立派な病気の一つです。そのため、うつ病になった場合は放置することなく、病院に足を運び、しっかりと検査を受け、治療を施してもらうことが大切です。

うつ病の一種

うつ病には種類があります。そのなかでもとくに厄介とされているのが「双極性障害」です。これは、うつと躁、両方の症状が現れる病気であり、もともとは「躁うつ病」と呼ばれていました。うつ病の症状には、睡眠障害や摂食障害、やる気喪失などが挙げられ、躁の症状には興奮しやすくなる、怒りっぽくなるなどが挙げられます。

種類

双極性障害には種類があります。それは「双極1型障害」と「双極2型障害」です。同じ双極性障害であっても、症状が異なるため、治療を施してもらう際はしっかりと検査を受けることが大切です。

原因

双極性障害を改善するためには、発症してしまった原因を解明することが大切です。遺伝的原因、環境的原因と、原因もさまざまであるため、きれいに改善するためには双極性障害が発症してしまう原因をすべて知ることが大切です。

必ず診察を受ける

双極性障害は、うつ病とは異なる病気です。そのため、症状に心当たりがある場合は必ず病院で診察・検査を受け、どの病気なのか明確にするようにしましょう。これにより、双極性障害であった場合はそれに合った治療を施してもらうことができ、きれいに改善することができます。

症状を知る

二人の医者

ここでは、双極性障害の症状についてまとめています。症状を把握しておけば、身体になにか変化があった場合でもすぐに対応することができます。また、検査結果もスムーズに理解することができます。

» 詳細を確認する

原因を知る

医者

双極性障害が発症してしまう原因には、さまざまなものが挙げられます。病気が発症する前にそれらの原因を改善することができれば、双極性障害に悩まされることもなく、良い検査結果を得ることができます。

» 詳細を確認する

うつ病とは違う

メンタルケア

双極性障害は、一般的に知られている「うつ病」とは異なる病気です。治療法が違えば、薬も違います。そのため、しっかりと検査を受けることが大切です。そうすることで、もっとも適した治療法と薬で改善していくことができます。

» 詳細を確認する