病気と向き合って双極性障害を克服しよう

病気を知る

顔を手で覆う男性

うつと躁

うつ病の一種である「双極性障害(そうきょくせいしょうがい)」。うつ病と似たような症状ですが、躁状態も症状として現れます。躁(そう)は、うつの反対の状態を指します。気持ちが高まったり、常に楽しくなったりします。周囲から見ると軽い躁状態は、少し浮かれているように見え、重い躁状態は、普通ではないように見えます。

二つの種類

そんな双極性障害は、大きく二つの種類に分けることができます。それは「双極1型障害」と「双極2型障害」です。これら二つは同じ双極性障害ですが、症状が異なるため、どちらかを明確にするためには検査を受けることが望ましいです。検査をしっかりと受けることで、最適な治療を施してもらうことができ、双極性障害を改善することができます。

双極1型障害

「双極1型障害」は、重い躁状態とうつ状態が繰り返されます。症状が重いのが特徴です。双極1型障害で躁状態に陥ってしまうと、自分が病気だと認識することができなくなってしまうことがあります。そのため、仕事でトラブルを起こしてしまったり、家庭で問題を発生させたりと、生活に支障をきたしてしまうことがあります。

双極2型障害

「双極2型障害」は、軽い躁状態とうつ状態が繰り返されます。双極2型障害に比べ、症状が軽度であるのが特徴です。症状が軽度であるため、病気だと気付かない人が多いです。双極1型障害のように、トラブルや問題を起こすこともないため、周囲の人が双極性障害を発症している、と気付く可能性も低いです。

積極的に

上記で紹介したように、双極性障害には種類があるため、しっかりと検査を受けることが大切です。検査を受けることで、自分がどの種類なのかを明確にすることができ、より有効に治療を進めていくことができます。双極性障害の種類、双極性障害の症状を知り、そこに検査を取り入れることで、改善への一歩を踏み出すことができます。