病気と向き合って双極性障害を克服しよう

うつ病とは違う

メンタルケア

やる気が起きない

一般的なうつ病は、「やる気が起きない」、「気持ちが沈んでしまう」、「何事も楽しむことができない」などといった症状が現れます。また、これにプラスして「食欲がなくなる」、「眠れない」などといった症状も出ます。これらの症状は、日常生活に大きな支障をきたしてしまうため、うつ病は早期の改善が必要な病気といえます。

躁状態が加わると

上記で紹介したような症状が現れる「うつ病」に、躁の症状が加わると、「双極性障害」へと変化します。気分が高揚したり、眠ることを惜しまなくなったり、おしゃべりになったり、これが躁の症状です。重度なうつ病の場合、自分の命がこの世にあってはならない、と考え、「死にたい」という願望をとよく持つことがあります。しかし、双極性障害の場合は、うつと躁の症状による危険な行動により、周囲の人間や環境に被害をもたらす可能性があります。

定期的に病院へ

うつ病も双極性障害も、『いつか治るだろう』と放置していては、一向に完治させることはできません。正しい治療を施してもらうためにも、少しでも心当たりがある場合は病院で検査を受けることが望ましいです。検査を受ければ、自分が今どのような状態なのかを把握することができ、万が一うつ病や双極性障害を発症していても、すぐに対応することができます。検査の際は、今の自分の状態を説明することができる限り、しっかりと伝えましょう。医師とのコンタクトをしっかりと行うことが、有益な検査へと繋がります。

双極性障害とはどのようなものか

双極性障害とは、一言で表すと躁状態とうつ状態を繰り返してしまう病気です。 躁状態とは異常に気分が高揚し興奮したり調子が上がったりして、時には過度の浪費や暴力、対人関係のトラブルを引き起こしたりします。 反対にうつ状態とは、意欲・興味関心が著しく低下し、何もする気が起こらなくなってしまう状態が長く続くことです。 双極性障害の患者は気分の高揚と低下を大きく繰り返すため、時にはとても幸せな気分、時には死にたくなるような気分に陥ることがあるため、感情のコントロールが難しく自殺に結びついてしまう結果もあります。 双極性障害はうつ病などと似ている症状の部分があり、診断が難しい場合があります。 自身でセルフチェックを行ったり、特殊な検査の結果から双極性障害の薬を試していくといった治療になっていきます。

光トポグラフィー検査

精神疾患といわれている、うつ病、双極性障害、統合失調症の病気に対して国の認可が下りた検査があります。光トポグラフィー検査と呼ばれるものです。この検査は脳の血流を視覚的にグラフ化し、患者がどのようなタイプかを診断する助けになります。検査方法は頭に機械を取り付け検査官の指示に従うだけです。大体30分以内に終了する検査です。この検査を受けるためには、大体の病院が予約が必要ですが、なかには当日外来でできる所や、かかりつけの医師の診断書が必要な病院もあります。またかかりつけの医師からの依頼がないと受けることができないところもあるため、事前に調べておく必要があります。検査結果はその日のうちに見ることが可能です。